乳ガン

低分子水溶性キトサンを1日40~60粒ほど服用することにより抗ガン剤の副作用を軽く減らし、治療効果の向上と治癒の可能性が高まります。それは100%近くまでとも言われています。早期治療ではさらに充分に治癒が期待でき生存率も高くなります。

低分子水溶性キトサンを服用した実例)
低分子水溶性キトサンを服用しながら放射線治療を25日連続で受け、他の患者さんが副作用で体調を崩している中も自分は血液の状態もよくなりふつう放射線治療をすると白血球が下がるのに全く低下せずに医者がびっくりしていた」
「乳ガンの手術後に肺と肝臓に転移し死を覚悟していたが、低分子水溶性キトサンを飲みはじめると3ヶ月の検査でなんと両肺に転移していたガンが消えていた。そのとき肝臓ガンは2センチほどのガンが残っていたが2ヵ月後にはその肝臓ガンさえも消えていた。それから7年たつ現在も再発なくすごしている」  ・・・など

スポンサードリンク

低分子水溶性キトサンってなに?

キチン・キトサンってなに?

低分子と高分子ってなに?

キトサンと免疫力

キトサンの安全性

キトサンと好転反応

いろいろなキトサンの効果

どうしてガンになってしまうのか?

ガンの治療法

抗ガン剤

ガンの予防

キトサンとガン抑制効果

ガンと低分子水溶性キトサンの効果

リンク集

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 低分子水溶性キトサン. All rights reserved