低分子キトサンと高分子キトサン

キトサンには分子量の大きさが違う低分子、中分子、高分子、また水に溶ける水溶性キトサン、とけない非水溶性キトサンなどの種類があり、それぞれ使い方によって性質も異なります。
高分子は分子量が10万~100万ほどつながったものを言い、それ以下のものを低分子と言います。人体の腸から普通、吸収される物質の分子量はだいたい2万程が限度といわれ、これを考えると高分子のキトサンでは吸収できず効果も期待できないものになり、工業用、医療用、農業用などに使用されています。現在は研究開発によりバイオテクノロジー技術によって分子量が2000~6000程の安全で純度の高い低分子キトサンができるようになり健康食品として効果を発揮できるようになりました。

スポンサードリンク

低分子水溶性キトサンってなに?

キチン・キトサンってなに?

低分子と高分子ってなに?

キトサンと免疫力

キトサンの安全性

キトサンと好転反応

いろいろなキトサンの効果

どうしてガンになってしまうのか?

ガンの治療法

抗ガン剤

ガンの予防

キトサンとガン抑制効果

ガンと低分子水溶性キトサンの効果

リンク集

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 低分子水溶性キトサン. All rights reserved